ケーブルボックスとその通気性

テレビとかパソコンの周辺には、いくつもの機器のケーブルやアダプタが散在し、整理に困っている方も多いはずだ。

そういう状況ではケーブルボックスと呼ばれるような整理用の箱に、ケーブルなどを押し込めば、見た目はきれいになる。

だが何でもかんでも押し込んでしまうのは考えものだ。箱がギチギチになるまで詰め込んでしまうと、通気性に問題が生じる。

特にアダプタなんかは発熱しやすいから、アダプタ同士が接触するようにしたり、周りをケーブルでぐるぐる巻きにしたりするのはよくない。

あまり密閉されたものじゃなく、適度に隙間があるケーブルボックスの方がいいだろう。

ホコリが侵入してしまうのが気持ち悪いが、どのみち多少の隙間はケーブルの通し穴がある以上、避けられないし、だったら通気性を優先するべきだ。