ケーブルの束ね方

家電とは切っても切れない存在、それがケーブルである。ケーブルをいかにしてきれいに取り回すか、それが家庭内環境を大きく左右する。

そのためにはケーブルを束ねる必要があるわけだが、ここでキツキツに束ねてはいけない。内部の銅線やら何やらが断線してしまうかもしれないし、ケーブル同士が密着すると熱を帯びて火災の危険性もある。

だから私は大きめに弧を描くようにケーブルをまとめ、結束バンドなどで束ねる部分もある程度遊びを持たせるようにしている。

結束バンドなどを使わず、ケーブルだけでぐるぐる巻きにするのはいただけない。何かの拍子ですぐほどけてしまうかもしれないし、やっぱり火災や断線の危険性も少なくない。

チューブで束ねるのもいいが、家電を買い直したらチューブを外してケーブルを取り替えないといけないのが大変だ。目に見える部分だけに限定するとか、使いどころを絞った方がいいだろう。