Bluetoothリモコンがもっと増えないものか

リモコンといったら普通は赤外線式だ。だがBluetooth式のものもちらほら登場してきている。

赤外線は設定やら何やら面倒なことがないから、簡単に使える。

しかしリモコンと受光部の間に遮蔽物があると、信号が届かない。リモコンの角度がちょっと悪かっただけでも、うまく機能しないことがあって、不便だ。

その点、Bluetoothリモコンは電波を使って通信するから、間に遮蔽物があったって関係なく機能する。

もちろん受光部をガチガチに囲んだりしてしまうと、さすがに機能しないこともあるが、よっぽどでない限り大丈夫だ。

だからBluetoothリモコンがもっと増えないものかと、常々考える。テレビにしてもエアコンにしてもそうだ。いちいちリモコンを機器に向けるのは面倒なのだ。

テレビ関連機器は黒で統一してほしいな

テレビ用にマルチリモコンを買い、そのドックをテレビラックに置くことにしたんだが、気になることが。そのリモコンとドックは色が白いんである。

テレビは黒だし、テレビラックも黒。そこに置いてるルーターもセットトップボックスも黒。なのにリモコン関係だけが正反対の白なのだ。

見栄えも気にする私には地味に嫌な展開。他のところに置けばいいじゃんという声もありそうだが、通信環境のことも考えてこうせざるを得ない。

こういうマルチリモコンなんてのはテレビ用に使うのがもっぱらだと予想できるはずだし、何でそれが白いのかはよく分からない。テレビ関連機器は黒で統一してほしいな。

リモコンの不具合でメーカー問い合わせ

何カ月か前に買った学習リモコンの調子が、あまりよくない。しょっちゅう操作不能に陥ってしまうのだ。

Bluetooth接続機能がうまくはたらいていない模様である。ペアリングをやり直しても、よくならない。

しょうがなくメーカーに問い合わせた。接続不良とか、ペアリングし直しとか、使う位置に問題があるかもしれないという話だった。

最もあり得るのは接続不良だろうが、電波がうまく届いていないことも否定できない。機器とリモコンの間に木製の遮蔽物があるためだ。

Bluetoothは多少の遮蔽物はかわせるはずなんだが、まったく影響を受けないこともないだろうし。

学習リモコンとBluetooth

色んな家電のリモコンを学習して一つにまとめられる、学習リモコンというガジェットがある。ガジェット好きにはたまらない遊び道具であろう。

私もつい最近この学習リモコンの存在を知り、我が家でも導入できないものかと調査を進めていたところだ。

だがこの学習リモコンにはちょっとした壁が存在することを知った。それがBluetoothである。

一般的なリモコンというのは赤外線で信号を送信する。その赤外線を学習するのが学習リモコンである。

だがBluetoothは赤外線とは違うから、当然学習リモコンじゃ学習できないわけだ。

Bluetoothに対応した学習リモコンというのもあるのだが、だいたいBluetoothで信号を送るリモコン自体少ないから、Bluetooth対応学習リモコンというのは極めてニッチな商品になってしまうわけだ。