テレビ関連機器は黒で統一してほしいな

テレビ用にマルチリモコンを買い、そのドックをテレビラックに置くことにしたんだが、気になることが。そのリモコンとドックは色が白いんである。

テレビは黒だし、テレビラックも黒。そこに置いてるルーターもセットトップボックスも黒。なのにリモコン関係だけが正反対の白なのだ。

見栄えも気にする私には地味に嫌な展開。他のところに置けばいいじゃんという声もありそうだが、通信環境のことも考えてこうせざるを得ない。

こういうマルチリモコンなんてのはテレビ用に使うのがもっぱらだと予想できるはずだし、何でそれが白いのかはよく分からない。テレビ関連機器は黒で統一してほしいな。

いくら速度が速くても…

現在契約中のインターネット回線は、最大速度が1Gbps。実測でも速いときは500Mbpsを超えるようなこともあって、かなり実感としては、速い。

これだけ速いとウェブページなんかはサクサク表示されるし、オンラインゲームだってラグをほとんど感じない。

だがいくら速度が速くても、ダメなときはある。それはコンテンツの置かれているサーバー自体が混み合っていたりして遅いときだ。

海外のサーバーなんかにはありがちなんだが、アクセスの多いところはいくら速い回線で接続しても、読み込みの重さは免れない。

通常の使用の範囲内ではあまりそういった場面に出くわすことはないが、私ぐらい速度の速い環境でもそうしたことを感じていることだけは確かだ。

USB 3の調子がおかしい

うちのパソコンにはUSB 2端子が二つ、USB 3端子が二つあるんだが、何だかUSB 3端子の方が調子がおかしくて、困っている。

本来USB 3の方が転送速度が速くて、よりまともに機器が動くはずなんだが…実際はそういう風にうまくいってない。

まともに動くのはキーボードくらいで、Bluetoothマウスとか、サブディスプレイとかをつなぐと、もうガクガクなのである。

そういうガクガクなやつもUSB 2につなぎ直すと、普通に動く。明らかにUSB 3が悪さしている感じだ。

現状USB 3はキーボードにしか使わず、もうひとつの端子は空けてある状態で、使うに使えない状況である。

スピーカー音量の区切りが大雑把

この間買ったディスプレイ用スピーカー、音量にちょっと難があると感じている。

というのは音量を一つ上げるか下げるかするだけで、かなり大きく音量が変動してしまうのだ。微妙な調節ができず、区切りが大雑把だと感じている。

マンション住まいだから、夜間にはあんまり音量を大きくするわけにもいかず、かといって小さくし過ぎると全然聞こえなくなってしまうから、微妙なさじ加減で調整したいんだが、今のスピーカーはそれを許さない。

こういう部分は実際使ってみないと分からない部分だから、ある意味運任せ
みたいなところがある。今回は運が悪かったのだろう。

次に買い替えたい家電

現在は物欲も一段落して、当面何か家電を購入する予定はない。

しかし家電というのは基本、消耗品であるからして、いつかはどれかしら買い替えていかないとならない。

次に買い替えるならどれだろうと考えたとき、思い付くのは洗濯機、冷蔵庫、炊飯器、Wi-Fiルーターといったところか。

洗濯機はだいぶ汚れが目立ってきて、洗濯物に汚れが付着することが多いから、あと何年かで買い替えたいと思っている。

冷蔵庫も容量が少ないから不満だし、炊飯器も安物だ。

Wi-Fiルーターは性能がすぐ陳腐化するから、数年ごとの買い替えが適当だろう。

OCNがIPoEに対応

ついにOCNがIPoEに対応したそうだ。まずはOCN 光からということで、私の契約中のOCN 光 with フレッツはまだ先になるらしいが、そのうち対応になることが確定したのはめでたい。

だがこれはIPv6だけで、IPv4はいまだノータッチだ。プレスリリースを読んだらそっちの方も検討するみたいにほのめかされていたが、具体的な計画は明らかになっていないから、時間がかかりそうだ。

とりあえずはIPoEに対応したルーターを買って、一部のサービスが速くなるのを願うばかりだ。私の場合だとYouTubeとNetflixくらいかな。

Netflixは4K動画の再生に25Mbpsも必要だから、速度の高速化はダイレクトに影響してくる。だからIPv6だけといっても、高速化は恩恵が大きい。大いに期待している。

Splatoon 2のオンラインプレイとネット速度

Nintendo Switchにて、Splatoon 2 前夜祭に参加。これは言ってしまえばネットゲームによくあるβテストであって、7月15日の17時から21時まで、発売前のゲームが試遊できるという試みであった。

今のところNintendo Switchソフトで購入していたのがゼルダの伝説だけだった私にとって、今回が初めてSwitchで遊ぶネットゲームであった。

フレッツ光の1Gbps回線と、高性能なWi-Fiルーター、それにSwitch用の有線アダプタと、万全の態勢で臨んだ今回の前夜祭、結果的には大きな問題もなく楽しむことができた。

設定画面で測定できるネット速度は30Mbps前後で、早いとも遅いとも言い難い微妙な数値だったが、ゲーム中にはラグらしいラグを感じることもなかった。

ただ22~24時くらいの混雑時間帯に、これがどうなっていくのか、まだ読み切れない部分だ。これは今後製品版を手に入れてから感じていくことになるだろう。

AirPlayでYouTubeを鑑賞

我が家で愛用中のFire TVに、数百円のアプリでAirPlay機能を持たせられるということで、さっそくやってみた。そしてYouTubeの動画をミラーリングしてみた。

iPhoneのコントロールセンターでミラーリングを選択するだけで、iPhoneの画面がそのままテレビに映し出された。こりゃあ便利だ。

YouTubeアプリで何個か動画を見てみて、まあ画質とか遅延とかはお察しのクオリティだったし、映像が乱れることだってあった。

けど別にそこまではこだわらないかな。見られりゃいいかなって感じだ。

YouTubeをテレビで見たくなることなんてあまり多いわけじゃないし、それができないからといってどうのこうのってわけじゃないんだが、できて便利なのは間違いないし、これからもときどき使わせてもらおう。

電話料金を2重に払いたくない

ある意味、昔は良かった。電話というのが固定電話しかなかったから、固定電話料金だけ払ってればよかったのだ。

だが今は違う。携帯電話の存在だ。固定電話と携帯電話の料金を2重に払う必要が生じる。

もちろんどっちか一方しか契約していない人もいるだろうし、私も携帯電話のみだが、どっちかといえばそういう世帯は少数だろう。

でもやっぱり私は電話料金を2重に払いたくないと思うし、今後もそうすることはないだろう。無駄遣いもいいところだ。

だいたいスマートフォン1台で家も外も両対応できるんだし、安く通話する方法だっていくらでもあるんだから、固定電話なんていらないんだ、もはや。

リモコンの不具合でメーカー問い合わせ

何カ月か前に買った学習リモコンの調子が、あまりよくない。しょっちゅう操作不能に陥ってしまうのだ。

Bluetooth接続機能がうまくはたらいていない模様である。ペアリングをやり直しても、よくならない。

しょうがなくメーカーに問い合わせた。接続不良とか、ペアリングし直しとか、使う位置に問題があるかもしれないという話だった。

最もあり得るのは接続不良だろうが、電波がうまく届いていないことも否定できない。機器とリモコンの間に木製の遮蔽物があるためだ。

Bluetoothは多少の遮蔽物はかわせるはずなんだが、まったく影響を受けないこともないだろうし。